温室効果ガスの調査
企業から社会に対する責任 / 温室効果ガスの調査

J&T フレックス テクノロジは2010年にISO14064-1を準拠にして初回の温室効果ガスを調査し、サードパーティーの外部検証を完了しました。内部の自己調査は2020年8月に完了しました。温室効果ガスは3つのカテゴリーに分けられます。カテゴリー1(直接温室効果ガス排出)とカテゴリー2(エネルギー間接温室効果ガス排出)は定性及び定量のチェックが必要であり、カテゴリー3(その他、間接温室効果ガス排出)は定性チェックのみです。


2020年のJ&T フレックス テクノロジの総温室ガスの排出量は、二酸化炭素換算で4,064トンでした。主な排出源はエネルギーからの間接的な温室効果ガス排出量(カテゴリー2)、つまり総排出量の99.4%を占める購入電力でした。これは4,040トンの二酸化炭素に相当します。温室効果ガスの直接排出量(カテゴリー1)は、総排出量の0.6%を占めており、これは二酸化炭素換算で24トンとなります。


温室効果ガスの排出
カテゴリー1カテゴリー2
244,040
0.6%99.4%
Total4,064



Copyright © 2021. J&Tフレックス テクノロジー. All rights reserved.

電話番号: 886-3-2621888 | ファックス番号886-3-2621886 | 台湾桃園市桃園区興邦路34號(亀山工業区)
Sales Services: jtservice@jtflex.com.tw